佐田優三のモデルは和田芳夫!仲野太賀が選ばれた理由についても

当ページのリンクには広告が含まれています。

2024年前期の朝ドラ『虎に翼』に、仲野太賀さんが演じる佐田優三が登場しました。

主人公・寅子(伊藤沙莉さん)の自宅で書生をしている佐田優三ですが、モデルは和田芳夫さんだと言われていますよね。

また、なぜ佐田優三役に仲野太賀さんが選ばれたのか、起用の理由はあるのでしょうか。

今回は、『虎に翼』佐田優三のモデルは誰なのか、仲野太賀さんが選ばれた理由についても調べてみました。

佐田優三は和田芳夫がモデル?
なんで仲野太賀さんが抜擢された?

この記事を読まれている方はこんな疑問を抱えているのではないでしょうか。

\この記事を読んでわかること/
  • 「虎に翼」佐田優三のモデルは誰なのか
  • 「虎に翼」佐田優三役に仲野太賀が起用された理由
目次

佐田優三のモデルは誰?ヒロイン相手役?

2024年4月から新しく放送されている朝ドラ『虎に翼』に、猪爪家で下宿をしている佐田優三(さだゆうぞう)が登場しました。

『虎に翼』は、女性初の弁護士・裁判官の三淵嘉子さんの物語で、ヒロイン・猪爪寅子を伊藤沙莉さんが演じています。

仲野太賀さんが演じているは佐田優三ですが、モデルになった人物はいるのか気になりますよね!

佐田優三のモデルは
和田芳夫(わだよしお)さん

和田芳夫さんも佐田優三と同じく、三淵嘉子さんの自宅・武藤家で書生をしながら明治大学(夜の部)へ通っていた人物です。

佐田優三と和田芳夫さんの共通点は下記の通りです。

▼佐田優三と和田芳夫の共通点
・下宿している
・夜の大学へ通っている
・優しい性格

また、佐田優三は気が弱くて優しい性格をしていますが、和田芳夫さんも優しくて大人しい性格だったそうですよ。

境遇もそうですが、性格面も雰囲気が似ていますよね!

このような共通点から、佐田優三のモデルは和田芳夫さんではないかと考えられます。

そして、三淵嘉子さんは後に和田芳夫さんと結婚するので、佐田優三はヒロイン・猪爪寅子の相手役ということになりますね。

佐田優三のモデルは和田芳夫!三淵嘉子の最初の夫

伊藤沙莉さん主演の朝ドラ『虎に翼』に、和田芳夫さんがモデルとなった佐田優三が登場しています。

三淵嘉子さんは生涯で2回結婚していますが、1人目の夫が和田芳夫さんでした。

三淵嘉子の最初の夫は和田芳夫

前述にもありますが、和田芳夫さんは三淵嘉子さんの実家で下宿人として一緒に暮らしていました。

和田芳夫さんはあまり目立たないタイプだったが、三淵嘉子さんは好意を持っていたそう

その後、2人は交際に発展して1941年11月に結婚しました。

1943年には1人息子の芳武さんが誕生していますよ。

和田芳夫さんについては、下記の記事にもあるので見てみてくださいね♪

佐田優三を演じる仲野太賀が選ばれた理由

『虎に翼』に佐田優三役で仲野太賀さんが出演しています。

ヒロイン・猪爪寅子(伊藤沙莉さん)の相手役とのことですが、仲野太賀さんが起用された理由は何だったのでしょうか。

<佐田優三役・仲野太賀が選ばれた理由>
理由については情報なし
※2024年4月3日時点

残念ですが、現時点では仲野太賀さんが起用された理由についての情報が見つかりませんでした。

仲野太賀さんは、佐田優三役のオファーを受けて『虎に翼』に出演しているんですよ。

なので、起用の理由は佐田優三役のイメージが仲野太賀さんと合っていたということが考えられます。

▼佐田優三(さだゆうぞう)
・猪爪家で書生をしている学生
・気が弱くて優しいが、信念を持っている

優しそうな雰囲気を持っている仲野太賀さんに合っていますよね!

オファーを貰ったとき仲野太賀さんは、

伊藤沙莉さん主演だから、絶対にいいドラマになる!

と、興奮したことをMANTANWEB公式サイトの記事で紹介されていましたよ。

なお、仲野太賀さんが朝ドラに出演するのは、2013年の「あまちゃん」以来だとのことでした!

まとめ

「虎に翼」の登場人物・佐田優三のモデルについてや仲野太賀さんが役に選ばれた理由についてまとめました。

佐田優三のモデルとなる人物は、三淵嘉子さん最初の夫である和田芳夫さんだと言われています。

和田芳夫さんは佐田優三と同様に、三淵嘉子さんの自宅で下宿しながら大学で勉強していました。

1941年に和田芳夫さんと三淵嘉子さんは結婚し、2人は夫婦となっています。

佐田優三役に仲野太賀さんが選ばれた理由は、現時点では情報がありませんでした。

起用理由としては、佐田優三の役柄に合っていたからではないかと考えます。

ドラマの中で猪爪寅子と佐田優三がどのような展開になるのか楽しみですよね♪

最後までご覧くださりありがとうございました。

コメント

コメントする

目次